就活支援付きSEスクールで有利に転職!支援の内容とは

2019年7月14日

インターネットが発達したおかげで仕事が探しやすくなり、昔よりも転職がしやすくなっています。
若い世代を中心に人気を集めているのがIT業界です。
日本はプログラマーやエンジニアなどのITエンジニアが不足しています。
自社でITエンジニアを育成する企業も増え、未経験者でも採用されるチャンスがあります。
将来性のあるITエンジニアは学生にも人気が高く、SEスクールはどこも盛況です。
特に就職支援が付いたSEスクールには多くの転職希望者が通っています。

プログラミング言語は重要

手に職をつけたいと考えて専門のスクールに通う人は多いです。
ITエンジニアは求人倍率が7倍から8倍ほどあります。
日本ではITエンジニアが不足していて、将来はさらに不足すると予測されています。
需要が多い職業は高収入のチャンスがあります。
転職してSEになりたい場合、様々な方法が考えられます。
ひとつは独学ですが、独学を成功させるためには強いメンタルが必要です。
モチベーションを維持しつつ効率よく学習するのに便利なのが、SEスクールです。
需要が急激に増えたことでSEスクールも次々と誕生しています。
学校には様々なタイプがあり、カリキュラムも料金も異なります。
最近大きな注目を集めているのが、転職支援つきの学校です。
選ぶ学校によって学習するプログラミング言語が異なります。
どのプログラミング言語を学ぶかは将来に大きく影響するので、慎重に選ぶ必要があります。
SEスクールやプログラミングスクールは、就職や転職が目的の学校と趣味で学ぶ学校に分かれます。
ITエンジニアになるためのスクールに通って有利に転職したい場合は、就職や転職が目的のスクールに通います。

就職と転職に特化した専門スクール

就職と転職支援が付いたスクールは、従来のSEスクールやプログラミングスクールに転職エージェントが付いたようなシステムになっています。
プログラミングを学ぶだけでなく、就職や転職の支援までしてくれるので便利です。
一般的に最初はプログラミング言語を万尾、設計書の書き方やデータベースの操作方法を学習します。
充実したカリキュラムがあり、最後はアプリケーションを作成することができます。
経験豊富な担当者がサポートしてくれるので、就職も転職も有利に進められます。
実際にWebアプリケーションを設計し、データベースやサーバーを構築することを経験すると将来に活かすことができます。
就職と転職の支援が付いた専門スクールには、無料タイプと有料タイプがあります。
無料と有料の大きな違いは年齢制限があることです。
無料タイプの場合は、プログラミングなどのIT技術を学んだ生徒を企業に紹介することで紹介料を受け取っています。
年齢制限があるのは、若い人の方が採用されやすいからです。
有料タイプは生徒が受講料を払うので、入学の条件はなく自由に学ぶことができます。

未経験者でも安心のカリキュラム

就職や転職支援が付いたスクールは、プログラミング未経験者が効率よく学習できるようなカリキュラムになっています。
基礎的な知識を習得したらサーバーやデータベースの構築を行い、フレームワークを利用して開発をします。
集中してしっかり学習することで、就職や転職に有利な能力が身につきます。
専門スクールに通っても、ITエンジニアの入り口に立てただけです。
IT業界は実力社会なので、採用された後も継続して勉強する必要があります。
ベテランのシステムエンジニアでも常に勉強をしています。
プログラミングを継続していると、スキルが磨かれていきます。
仕事を次々とこなすうちに実力がつきますが、その間に新しい技術が誕生することもあります。
継続して勉強し続ける根性がない人は、ITエンジニアには向いてないです。
30代や40代で転職する人も増えていますが、中年世代でもプログラミングを覚えることで他の業界からIT業界に転職することが可能になります。
前職がサービス業や営業職の人はコミュニケーション能力があるので、そのスキルを活用することができます。

IT技術を学んだ後の就職先

就職支援付きのスクールでIT技術を身につけたら、次は就職先を選ぶことになります。
どの学校も就職率が高く、有名企業に紹介してくれる学校もあります。
就職にしても転職にしても、最終的には本人の能力や人柄が採用に影響します。
IT業界は専門性が高い業界ですが、高い技術力に加えてコミュニケーション能力も採用の重要ポイントになります。
学習期間は最短だと1ヶ月で、最長では4ヶ月くらいです。
仕事を持っていて働きながら学んでいる社会人の場合、昼間の授業に参加できないので受講期間が長くなります。
個人差はあるものの、基礎的なプログラミング能力を身につけるには毎日8時間勉強しても1ヶ月はかかります。
社会人の場合は会社での仕事もあるので、事前によく計画を立てて効率よく勉強することが大切です。
夜間や土日に学べる講座が用意されているので、社会人でも無理なく転職に必要なIT技術を身につけることができます。
専門スクールにはオンラインのコースと通学のコースがあります。
深く理解するには通学のコースがおすすめですが、オンラインコースも充実しています。