転職に向けてアプリ制作を独学するならSEスクールへ

2019年7月14日

近年、IT技術の発達が著しく、あらゆる場面でITアプリを目にする機会が増えました。
現代社会は、もはやITアプリなしでは社会が成り立たないようなところまで来ていますし、需要は今後ますます増加していくでしょう。
それに伴い、自分でもアプリを作成してみたいという人が増加していますし、それの制作に携われる職種に転職したいという人も増えています。
ここでは、転職に向けてアプリ制作を学びたいという方に向けて、基本的な情報や注意点などをまとめてみました。

アプリといっても色々ある

一口にアプリといっても実は色々な種類があります。
例えば、私達が普段よく使うインターネットを閲覧するためのソフトであるブラウザ上で動くアプリもあれば、パソコン上で動作するものもあります。
さらに最近では、AndroidやiOSなどのスマートフォン上で動作するアプリもよく使われているでしょう。
他にもハードウェアに組み込むようなタイプもあったりしますが、いずれにせよ、アプリを開発するにはプログラミング言語の習得が必要になります。
プログラミング言語にも実に様々な種類が存在し、有名どころとしては例えば、Java・C・C#・PHP・Ruby・Python・Swiftなどの言語があげられるでしょうか。
アプリケーションというのは、これらの言語を駆使して作成されています。
それぞれの言語には、それぞれの特性があり、どんなものを作りたいのかによって使用すべき言語も変わってきます。
一例をあげれば、Andoroid用のものを作りたいならJavaを習得しなければいけません。
自分が何をしたいのかしっかり見極め、学ぶ言語を選択する必要があります。

プログラミング言語の習得は独学では難しい

アプリを開発するためにはプログラミング言語の習得が必須となってくるわけですが、プログラミングスキルを習得するのは、そんなに簡単なことではありません。
趣味程度でやるというならまだしも、IT業界への転職を目指してプログラミング言語の習得に励むということならば、かなりしっかりと学習する必要があります。
多くの人は、とりあえずプログラミング言語の書籍などを購入して独学で勉強を始めようとするかもしれませんが、それは挫折する可能性が高いと言わざるをえません。
IT言語の習得は、とにかく最初が難しいのです。
初心者は学習環境の構築で躓いてしまうことも多いですし、テキスト選択に失敗すると、プログラミングの面白さが分かる前に文章の難解さに打ちのめされて諦めてしまうことにもなります。
また、プログラミング言語の学習においては、自分で書いたプログラミングが思ったように動かないということがしばしば発生します。
このような時に、原因を探って解決しようとするわけですが、独学だと誰にも質問できず孤独感に苛まれ泣きそうになるでしょう。

SEスクールに通って学習するのが効率的

プログラミング言語の習得でお勧めなのは、SEスクールに通うことです。
SEスクールに通えば、講師の方が基礎から優しくレッスンをしてくれるので、初心者でも無理なくスキルを身につけていくことができるでしょう。
また、SEスクールに通う一番のメリットは、分からないことを先生に質問できることです。
プログラミングの学習をしていると、しばしば理解できない事や質問したい事が出てくるものです。
そんな時、独学ではネットなどで調べるしか方法がありませんが、それはあまり効率の良い方法とはいえません。
その点、SEスクールならば、分からないことをすぐに先生に質問して解決することができるため効率よく学習を進めていけるでしょう。
それから、SEスクールでは転職支援を受けることができるのも魅力です。
SEスクールの中には、IT企業と太いパイプを持っているところも少なくないので、しっかりと勉強をしていれば良い企業を紹介してもらえるかもしれません。
そのほかにも履歴書や職務経歴書の書き方や、面接のテクニックなどをレクチャーしてくれるようなSEスクールもあります。

無料のSEスクールには気をつけた方がよい

最近、無料のSEスクールというものが数多く登場してきており、広告などを目にしたことがある人も多いのではないでしょうか。
それらの無料SEスクールでは、無料でプログラミング技術などを学べる上に、IT企業への就職も支援してくれるという触れ込みで盛んに生徒を募集しています。
IT企業への転職を希望する人にとって、タダで教えてくれて、さらに就職斡旋までしてもらえるというのなら最高ではないかと思うかもしれませんが、世の中はそんなに甘くありません。
うまい話には裏があるものなのです。
単刀直入にいえば、無料のSEスクールというのは、純粋にプログラミング技術を学ぶのが目的なのではなく、ある特定のIT企業へ就職するための研修といった位置づけになります。
無料SEスクールは、生徒をIT企業に紹介することでそのIT企業から報酬を得ているわけで、いわば人材紹介業が実体と言えるでしょう。
とりあえず就職をしたい人にはいいかもしれませんが、確かな技術を身につけたいというのであれば、有料のSEスクールに通って、自分の学びたいものを学んだ方がいいかもしれません。